不動産担保融資の知識ピックアップ

不動産担保融資と担保提供、抵当権について、初めての方にも馴染みやすいようご紹介します。

不動産担保融資には、事業資金融資と不動産競売ローンがあります

不動産担保融資といわれる融資の中には、経営者に向けた事業資金融資と、競売物件を落札時、その落札に対応できる不動産競売ローンがあります。

事業資金融資とは、その名称の通り、経営者を助けられる融資となっております。


事業を経営するには、ある程度のまとまった金額が必要になりますが、その元手になる資金や、設立してからの運転資金、設備資金などを、審査の上、受けることができる融資なのです。

では、不動産競売ローンについてですが、競売物件を落札した際、売却の許可が確定した日から数えて1ヶ月以内の納期期限までに、落札価格を振り込まなければなりません。

その競売物件を買い取るための融資が、不動産競売ローンなのです。

昨今、住宅ローンや不動産担保融資を受け、一戸建てを購入しても、そのローンが払えず、築1年~5年ほどで手放す方が増えておりますが、節約上手な主婦は、その競売物件を探し、リフォームして住んでいるそうです。